主婦の暮らし

ゴールデンハムスターにおすすめのケージは?市販・オーダーメイド編

この記事は2020/03/03に加筆修正しました

こんにちは、伊藤あずき(@Azuki_028)です。

突然ですが、わが家では去年からゴールデンハムスターを飼っています。

完全に室内で飼えるため、ペット初心者にもおすすめのゴールデンハムスターですが、市販されているハムスターグッズはドワーフ系ハムスターに適したサイズが多く、なかなかゴールデンハムスターに適したサイズが見つけられないという悩みがあります。

そこで今回は、実際に私がゴールデンハムスターを飼った上で、ゴールデンハムスターにおすすめだと感じた

  • 爬虫類用ケージ
  • オーダーメイドアクリルケージ

について、おすすめする理由や製品をご紹介します。

これで、「ケージを飼ったけどいざ飼い始めたら狭く感じて買い直した」という私のような経験はしないですみますよ!(笑)

ゴールデンハムスターにおすすめのケージの条件

飼育書や飼い方のサイトによって、ゴールデンハムスターにおすすめのケージの条件は微妙に違ってきます。

が、私の経験上ゴールデンハムスターに適した理想のケージは、幅90cm・高さ40cm・幅45cmで、ハムスターの真上から手を入れなくてもお世話できるものです。

この条件に対応しているものが、爬虫類用ケージなんですね。
デリケートな温度調節が必要な爬虫類用に作られたケージなので、カスタマイズ性が高い点もおすすめポイントです。

推薦されるゴールデンハムスター用のケージの広さは幅60センチ・横30センチ・高さ30センチ前後となっていることが多いです。

あずき
あずき
特にゴールデンは体が大きいため、最低30センチは高さがないと脱走する可能性が高いです(脱走された経験より)
高さは絶対に30センチ以上をキープ!

が、飼ってみて思うのは、たぶんこれ最低限のサイズです。

今使っているケージは、巷でおすすめされているケージサイズである、ルーミィ60です。

ルーミィ60の大きさは、本体外寸:幅620×奥行450×高さ315mmとなっており、ハムスターのケージとしてはかなり大きめのケージです。

初めてルーミィ60を置いた時には

あずき
あずき
おー!大きいケージだ!

と思いましたが、そこにトイレや回し車、巣箱など、ゴールデンハムスターに最適サイズの飼育グッズを置くと、途端に狭く感じたのです。

また、ルーミィ60の上部は金網になっている部分があります。
うちのハムスターは巣箱や回し車を経由して、まるで忍者のように天井部分にたどり着いてしまうんですね。

なので、ゴールデンハムスターに理想のケージサイズとしては、幅90センチ×高さ40センチ×幅45センチを持つ爬虫類用ケージという結論にたどり着きました。

ただしルーミィ60、ドワーフ系ハムスターには十分おすすめ出来るケージだと感じました。

ゴールデンハムスターにおすすめの爬虫類用ケージ

爬虫類用ケージがゴールデンハムスターに適したサイズであることを紹介したところで、今度は実際にサイズが適しているおすすめの爬虫類用ケージをご紹介します。

ご紹介しているサイズは内寸となっています。
爬虫類用ケージ購入時は、商品の詳細ページで外寸サイズを確認してください!

おすすめ①サンコー パンテオン 9045

サンコーのパンテオンは、幅90cm×横45cm×高さ45cmと、ハムスターケージとしては超大型ケージになります。

が、ケージサイズはもちろんの事、スライド扉なのでハムスターを正面からお世話ができます。

おすすめ②みどり商会 ケースバイケース90L

みどり商会のケースバイケース90Lの外寸は、幅90cm×奥行45cm×高さ45cmなので、パンテオンと同じサイズです。

板底下の空間にはケースバイケース専用ヒーター「ナイーブ」(別売)以外は入れないで下さい。

商品紹介ページより引用

とのことなので、そこが要注意になりますが、こちらもスライド扉なのでパンテオンと同じように使えます。

おすすめ③トップテラ 爬虫類飼育ケージ TOP-90×45×45

最近発見したトップテラの爬虫類飼育ケージ。
こちらも幅が90cmあるため、広々としたケージになります。

トップテラの爬虫類用ケージには、同じ幅と奥行きで、高さが36cmという、少し低いケージもあります。

若干高さが低いですが、こちらでも使えないことはないでしょう。
ただ値段はそこまで変わらないので、大は小を兼ねるで高さ45cmタイプを買ってもいいかも。

おすすめ④ニッソー ワイルドプラネットWP850

あずき
あずき
広いケージがほしいけれど、90cmケージを置く余裕がない!!

というときにおすすめの爬虫類用ケージが、ニッソー ワイルドプラネットWP850です。

サイズは幅81.0cm×奥50.0cm×高さ50.5cmとなっているので、90cmクラスは置けないけれど、なるべく大きいケージがほしいという時におすすめです。

ただし、先ほどご紹介した2つの爬虫類用ケージと違い、高さと奥行きが50cmあるため、こちらも置く場所に悩むかもしれません。

あずき
あずき
我が家は奥行きがアウトでワイルドプラネットも見送ることに……

ゴールデンハムスターにおすすめの爬虫類用ケージは、

  1. サンコー パンテオン 9045
  2. みどり商会 ケースバイケース90L
  3. トップテラ 爬虫類飼育ケージ TOP-90×45×45
  4. ニッソー ワイルドプラネットWP850

の4点になります。

しかし、爬虫類用ケージを買う上で注意しなければならない点が、重さです。
ガラスで出来ているため、平気で20キロ以上あります。

我が家のハムスターケージ置き場は、

  • ギリギリ幅が90cmとれない
  • 奥行きが50cmとれない
  • 20キロ以上の重さが(精神的に)不安

と、ないない尽くしのため、爬虫類用ケージと並んでおすすめと感じたオーダーメイドアクリルケージを現在注文しています。

ゴールデンハムスターにおすすめのオーダーメイドアクリルケージ

ゴールデンハムスターにおすすめの爬虫類用ケージですが、

  • 規格されたサイズのみの販売
  • 重さ

といったデメリットが少なからずありますが、このデメリットを解消してくれるのが、オーダーメイドアクリルケージです。

オーダーメイドの名の通り、自分の好みにあったサイズのケージを作成してくれます。
また、重さも爬虫類用ケージの半分以下になります。

続いては、このようにサイズや重さの問題を解消してくれる、ゴールデンハムスターにおすすめのオーダーメイドアクリルケージ屋さんをご紹介!

アクリ屋ドットコム

アクリ屋ドットコムさんでは、このようなハムスターケージを作製しています。

お世話のしやすいスライド扉、通気性確保のための横のパンチング板、取っ手、蓋がそれぞれオプションになっています。

このサイズのケージは規格サイズで市販していますが、幅90センチ・奥行き45センチ・高さ45センチまでミリ単位のオーダーが可能ですので、置き場所にぴったりの大きさのケージを作ることができます!

アクリ屋ドットコムへ

きなとのケージ屋さん

きなとのケージ屋さんは、ハムスター専用ケージとしての製作ではありませんが、ハリネズミや爬虫類用・小動物用のケージを幅広く作製しています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

『きなとのケージ屋さん』1/26 JH大阪出店(@kinato_cage)がシェアした投稿 -

幅55センチから120センチまで対応していますし、もちろんミリ単位のオーダーもOK!
また、アクリル板と、透明度の低い中空ポリカという素材の組み合わせも可能で、前面アクリルケージよりも軽量・安価に仕上げることも出来ます。

また、細かいオプションもついていて、オーダーメイドケージの中でも1番のおすすめどころです。

あずき
あずき
私も現在、きなとのケージ屋さんに依頼中です

きなとのケージ屋さんへ
他にもオーダーメイドケージを作っているお店はありますが、フレームが木製の場合が多く、今回はご紹介していません。

また、オーダーメイドアクリルケージは自分の好みにカスタマイズできますが、

  • 市販されているケージよりも割高になる
  • 納期が長い

といったデメリットがあります。

おすすめケージ番外編 水槽

水槽は魚や両生類なども飼える、用途の多いものです。
「そういえば昔使っていた水槽があるな~」
という場合には、わざわざハムスターのケージを買わなくてもすみますからね!

また90センチサイズの水槽でも、ものによっては1万円を切りますので、透明で広いケージを安く手に入れることが出来ます。

ただし注意点は重さ!
ガラスの水槽だと平気で10キロ以上、20キロ近くあるものもあります。

軽量化したいのならば、ガラスではなくアクリル水槽を選ぶのもいいですね。

お世話は上からになりますが、広いケージならば上から手を入れても、ハムスターの真上に手がいくことはまずないでしょうから、ハムスターをびっくりさせることも少ないはずです。

ただし、水槽は天井ががら空きなので、通気性を考えた蓋を用意する必要があります。
左右で分けて開けられる蓋ならば、より、ハムスターを怖がらせることなく手を入れることが出来るでしょう。

また、軽量のアクリル水槽がいい!という場合には、標準サイズだけでなく、オーダーメイドでも作ってくれる「さくらペット水物通販」さんをおすすめします。

さくらペット水物通販へ

 まとめ

今回は、ゴールデンハムスターにおすすめのケージ条件を満たした、

  • 爬虫類用ケージ
  • オーダーメイドアクリルケージ

について、ご紹介しました。

ゴールデンハムスターにおすすめのケージ条件

  1. ケージの幅は80~90cm・高さ40㎝・幅40~45cm
  2. 正面からお世話できるスライド扉
ケージの種類 メリット デメリット
爬虫類用ケージ 広々サイズ・スライド扉 重い・規格サイズのみ
オーダーメイドケージ サイズやカスタマイズが自由・比較的軽い 納期が長い・割高
水槽 専用ケージより広くて安く、様々な生き物に使える ガラス水槽は重い。カスタマイズ性が低い

それぞれにメリット・デメリットがありますので、自分に合ったケージを見つけて、素敵なハムスターとの生活を送りましょう!

今回のケージ条件は、私が個人的に感じたものであり、絶対ではありません

では、今日もブログに遊びに来てくれてありがとうございました!

ABOUT ME
伊藤あずき
生まれも育ちもいなかの主婦。小学生の頃から3度の飯よりゲームと漫画が大好きだったので、昔から好きな牧場物語・面白かった漫画・無料のイケメンゲームについてをメインにブログを書いています。 詳しいプロフィール情報
スムーズな断乳を応援!

卒乳・断乳を考えだしても、母乳が出過ぎて止まらない……
贅沢な悩みに思えてママ友には相談しずらい……
自宅で出来る断乳ケアってないの?

そんなあなたにおススメのハーブティーが誕生しました♡

▽詳しくはこちらをクリック▽
公式サイトを見る

あわせてどうぞ